本文へスキップ

無料でダンボール回収を依頼する方法は複数存在します。自治体の回収日に出したり、引っ越し業者にお願いする方法もありますが、専門の処分業者に来てもらう方法がより効率的です。

無料でダンボール回収を依頼する方法は複数存在します。自治体の回収日に出したり、引っ越し業者にお願いする方法もありますが、専門の処分業者に来てもらう方法がより効率的です。

ダンボール回収を無料で行う方法

ダンボール回収を無料でお願いする方法はいくつかあります。多くの方が思いつくのは自治体にて定められた通りに処分を依頼する方法です。住んでいる地域によって詳細は異なるものの、費用をかけずに処分できる方法として一般的です。多くの場合は新聞や雑誌なども含めた古紙の1つとしてダンボールの品目があり、決められた曜日にゴミ収集として回収されます。

しかし回収の曜日が決まっているため、多くのダンボールを処分したいけれど、引越ししなければいけないなど特定の日付までに回収して欲しい場合には対応できない可能性があります。無料のダンボール回収の拠点が設定されている地域なら持ち込むことで解決しますが、全ての地域で実施しているとは限らず、住んでいる場所から離れていることもあります。

引越しする方がダンボール回収を無料で依頼したいと考えているなら、引越し業者にお願いをしてみるのも1つの方法です。あくまで引越し業者によってサービスの一環として対応していれば可能な方法であり、どの引越し業者でも快く引き受けてくれる訳ではないので、事前に処分を依頼できるか問い合わせが必要です。ダンボール回収は無料ではなく有料で対応しているケースもあります。

ダンボール回収を無料で依頼する方法として、専門の処分業者に問い合わせるというのも考えられます。回収1回あたりに費用がかかるケースもあるので事前に無料で対応してもらえるか確認が必要です。また処分業者は対応可能なエリアも決まっているため、自分の住んでいる地域まで来てくれるのかも費用と合わせて調べておくべき点です。

個人ではなく事業者で定期的にダンボールが排出される場合は、処分業者に依頼するのが手っ取り早い方法です。特に地域にてゴミの1品目として回収しているケースでは、あまり量が多いと負担が大きくなってしまいます。出す側も、毎日もしくは毎週排出されるのにその都度回収を依頼したり遠方まで運んだりしていては、業務に支障が出てきてしまいます。一度契約すれば決められた曜日や時間に定期的に回収してくれる業者へ依頼するとスムーズです。業者に依頼する場合、少しは他のものが混ざっていても対応してくれますが、ダンボール以外の物は分別して、まとめるために紐で縛るなどの準備をしましょう。

ダンボールは燃えるゴミとしても排出できますが、古紙の中でも再生率が非常に高い優良なリサイクル品目です。環境のことも配慮して、できる限り燃えるゴミではなく、リサイクルへ出すようにしましょう。

information新着情報

2021年01月25日
ホームページを更新しました。

おすすめ


  [準備中]